自分に合った結婚相手の見つけ方って意外に分からないものですよね。やはり第三者の手助けを借りる必要があります。

自分に合った結婚相手の見つけ方

自分に合った結婚相手の見つけ方

結婚相手を探す女性

結婚したいなぁ~って思った時に、ふと不安になることがあります。


それは結婚相手のタイプはどんな人がいいのかなって、自分でもよく分からないことです。


自分に合った結婚相手ってどんな人なんだろうなぁ~???


というか、それが分かったとて、そのタイプの人をどこで見つければいいのでしょか?


そこが疑問なんです。


先ずは自分に合った結婚相手がどんな人なのかをハッキリさせないといけません。


どうすればいいかというと、一番いいのはパートナーエージェントやIBJメンバーズなどサポート力の手厚い結婚相談所を利用することです。


結婚相談所では会員の婚活をサポートしてくれるアドバイザーやコンシェルジュが存在します。


婚活を始める時にあなたの結婚に対する価値観や考え方をインタビューして、あなたの理想のタイプを明確にしてくれます。


婚活のプロの客観的な意見を取り入れながら、自分の理想像や結婚スタイルを見つけ出していきます。


お金は掛かりますが、結果的に失敗の少ない婚活方法として人気です。

結婚相談所などでは料金も違ってきます。>>結婚相談所の料金が違う理由

自分に合ったタイプって自分では客観視できないので、誰かの意見を参考にしないと間違った選択をしてしまいそうですよね。


結婚相手の顔や年収・職業だけの条件を決め手にしては、後で「間違えた!」と後悔することになりかねません。


ましてや結婚相手を占いや直感だけで決めてしまっては、失敗の確率は高くなってしまいます。


結婚相手の見極めは、自分の結婚観をハッキリさせたうえで考えるようにしましょう。

ここでお見合いをした場合の流れを紹介してみましょう。

 

お見合いの心構え


お見合い写真や釣書等を取り交わし、お互いが良さそうだと思えば、いよいよお見合いへの運びとなります。


一昔前であれば、ほとんどの婚約話が整ってから、形式的に本人同士が顔合わせをするスタイルでした。


しかし、現在では当人同士を無視したようなお見合いスタイルは皆無と言えるでしょう。


両家の間では、申し分の無い良縁であると感じていても、当人同士が納得できるまで、交際が続けられるように変わってきました。


あくまでも、お見合いとは結婚を目的とした交際を始める為の、キッカケ作りに過ぎなくなっています。


従って、最近のお見合いは気軽に会って、お互いの一生の伴侶としての可能性を見出そうとする趣が強くなっています。



但し、いくら気軽に会うといっても、お見合いは一定の形式を取って行われることから、厳粛な気持ちも忘れないようにする必要があります。


初めから断る心づもりで、冷やかし半分でお見合いをするなど、不心得な気持ちで参加するのは認められません。


近年では、ネットお見合いなどフランクなスタイルも登場をしていますが、いかなる理由があっても中途半歩な気持ちでの参加は、相手を傷つけることになってしまいます。


なお、お見合いの結果、交際を進めるかどうかの判断も、最近では本人の意思が尊重されるようになっています。


親や仲立ち人、そして周囲の人たちも、理解を持って当人達を見守る姿勢が行き渡るようになり、生涯の伴侶は当人達の責任において決められるようになりました。



 
運営者